ライフラインの手続きについて

引越し先に荷物を搬入することができたら、いよいよ新居での生活が始まります。生活をしていくために必ず必要になるものが、電気やガス、水道などのようなライフラインの確保になります。

 

 

こういった設備を使用するためには、専門の業者に立ち会ってもらうことが必要になる場合も有り、特殊な手続きが必要になるために、その手順を覚えておきいち早く快適な生活を送ることができるように務めることが重要になります。

 

電気を使用する場合、通常はブレーカーの電源が落ちているために、電気が入らない状態になっているものと思われます。そのために、電気を使用するためには、ブレーカーのスイッチを入れなくてはなりません。

 

 

アンペアブレーカー、漏電遮断機、配電遮断機などの種類が存在しており、これらすべてのスイッチを入れることによって、電気が使用できるようになります。無事に電気が使用できるようになったことを確認できたら、新居に置いてある電気使用開始連絡はがきに必要事項を記入した上で投函することによって、電気が使用できるようになります。

 

 

水道を使用する際の手順も電気とほぼ同じものであり、メーターボックス内にある水止栓を開栓することによって、水道を使用できるようになります。この時も電気と同じく無事に水道が使用できることが確認できた場合、新居に置いてある、水道使用開始はがきか、水道使用申し込みはがきに必要事項を記入した上で投函します。

 

 

電気や水道と違って、業者の立会が必要になるのが、ガスの使用を開始する際です。ガスの使用を開始するためには。引越し前に、ガスの開栓をガス会社に依頼しておくことが必要となります。事前に依頼をしておくことによって、担当者が指定した日に、ガスの開栓を行ってくれることになります。

 

 

転出・転入手続きについて覚えておきましょう。

引越しを行う場合、必ずしなければいけないのが転出・転入手続きです。これを行わないと住民票の発行や児童手当や各種保険の変更手続きも出来ないので注意してください。

 

転出・転入手続きを行うタイミングですが、これは手続きを行う地区によって受付が可能なタイミングが異なります。場所によっては引越し先が決まればいつでもというところもあれば、2週間前から手続きをしなければいけないというところもあります。事前に確認をとり、早めに手続きを済ませておきましょう。

 

引越しをしてから14日以内に行わないと場合によっては裁判所から過料を請求されることもあります。転出届けは委任状さえ作成すれば代理人に申請をお願いすることも出来ます。手続き自体は簡単で、すぐに行うことが出来るので必ず済ませておくことが大切です。
引越し先が同じ市区町村である場合には転出届けではなく転居届けとなり手続きも異なりますので詳しくはお住まいの市役所にお問い合わせください。

 

 

住民基本台帳カードが交付されている場合には、転出先の市区町村へ予め郵送をすることで届出の代わりとすることができます。その場合転出証明書は不要です。

 

 

とはいえ、市役所が開いているのは平日の限られた時間に限られます。早々何度も行ってはいられません。年金や各種保険の変更手続きなど、市役所で済ませなければいけないことは予め調べておきなるべく一度にすべて済ませられるようにしておきましょう。

 

 

固定電話について

現在、固定電話を利用している方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。今は携帯電話がかなり普及したため、特に単身者だと固定電話を設置しないお宅も増えているようです。

 

 

とはいえ、固定電話を使いたい方はまだまだいらっしゃるでしょうし、固定電話を引越ししてからすぐに使用できるようにするのも引越しに必要な手続きの1つとされています。

 

 

もし固定電話の設置工事をしてもらいたい場合、出来る限り早く業者に依頼する必要があります。その目安は引越しの2週間くらい前までとされています。固定電話を移転するためには、局番なしの116番に電話をするとできるようになります。

 

 

その際、業者に現在の電話番号や名義人、旧居と新居の住所、工事を希望する日など多くの情報を伝えることが重要です。

 

 

また最近では、インターネット上からも申し込みができますので、固定電話を新居でも使いたい方は早めに申し込んでおきましょう。依頼した際の料金が気になるところですが、申込時点ではまだわからないのが普通です。実際に作業をしてからでないと判明しない場合がほとんどなのはやむを得ないところです。その他、新居と旧居で電話番号に変更があった場合、7日間だけですが両方の電話が使用できます。

 

 

この7日のうちに周囲の人に電話番号の変更を連絡しておきましょう。また、引越し後3か月程度であれば、もし引越し前の電話番号に電話があった場合でも、新しい番号を自動アナウンスしてくれるサービスもあります。どちらも申し込みの際業者に忘れずに伝えておきましょう。

 

携帯電話を海外で使う

海外に引っ越すことが決まった場合、手数料と月額の契約料を払えば番号とメールアドレスを維持することが可能です。これは携帯電話会社によって差がありますので確認してください。

 

 

ネットでも“海外 引越し 携帯電話 ○○○(契約会社名)”と検索すれば手続き方法や、毎月の支払いについて確認できます。日本との緊急連絡用にして携帯電話をそのまま持っていく方法もあります。月額使用料を一番低い契約にしていくといいでしょう。

 

 

かなり安くなってきたとは言え、日本の携帯電話を海外で使うと、電話を掛けたほう及び受けたほうにもかなりの金額がかかります。メールも国によりますが、1通100円ととても高いです。使用するときには十分注意しないと莫大な金額を請求されることになりますから注意してください。

 

 

最近はスマートフォンを利用されている方も多いと思います。スマートフォンであればWi-fiを使用することができますよね。欧米諸国は日本に比べてWi-fiスポットがかなり多いです。ですから、ローミングサービスを利用しなくてもLINEなどのアプリを使うことができます。これらの無料通話アプリは海外で利用しても無料ですので、スマートフォンユーザーであれば利用するといいと思います。ただ電話の音質はあまりよくないようで、電話をするのであればスカイプを利用するといいと思います。

 

 

しかし、数年も海外に滞在する場合は毎月の使用料金も積み重なるとかなりの金額になります。その場合は、事前に海外に引越す旨と、パソコンのメールアドレスを入れて、そちらに連絡をもらうようにして、携帯電話は解約して行った方がいいでしょう。

 

 

海外への引越しも大手の業者って扱っているみたいなのですね。まあけっこうな費用は掛かるのかもしれませんが引越し費用 安いところをあたってみるのもアリですかね^^

TOPへ